オフィスを設計する時におさえておくべきこと

オフィスの設計は、端的にいえばレイアウトを検討したり、使い勝手を考えることを意味します。室内には、空間というレイアウトの上限があり、そこで過ごす人の数にも限界があります。オフィス設計を闇雲に、あるいは見切り発車で始めてしまうと、行き詰まりや解決が困難、といった問題に遭遇しがちになります。オフィスを快適、かつ効率良く使いたいなら、計画性を持って設計することがおすすめです。全く何も分からない、何処から手をつけるか悩む時は、二つのポイントを踏まえて、オフィス設計を始めると良いでしょう。空間の確保と人の動きのシミュレーション、この二つはオフィスの設計において、重要な鍵を握るヒントといえます。要点をおさえてオフィスを考えることで、設計はより行いやすくなり、理想的な環境の実現に近づきます。

空間確保と配置はオフィス設計の基本

オフィスにおける空間の確保とは、部屋の割り振りや相対的な関係性、それらを設計することを指します。例えば、オフィスに必要な部屋は何かと考えれば、自ずと設計に加える必要性がある、部屋の特徴や項目が見え始めます。仕事は、決して一部屋で完結するものではなく、上司が集中出来る部屋であったり、社員のリフレッシュルームも必要です。話し合いを行う時は、ミーティングルームが不可欠ですから、この部屋の設置を検討するのも欠かせません。オフィスに配置する部屋をリストアップした後は、入り口や窓際との関係性を考慮して、設計を始めることが大切です。来客がある場合は、接客用の部屋を用意したり、使いやすく配置することが重要になります。社外からの来客者は、企業内の業務と無関係ですから、仕事のスペースとは離した方が無難です。禁煙者と喫煙者のスペース、これも相反する性質を持つので、切り離すことが配置を検討する際のコツです。

オフィスの設計は配置に動きを採り入れると洗練されます

社内では、必ずしも社員が一点に留まることはなく、むしろ頻繁に動きがあると考えられます。また、オフィス内の動きを追求すると、人の動きや物の動きが把握出来たり、設計の要所を掴むことが可能となります。人が頻繁に通る場所は、行き交うことを想定して、少し広めに幅を確保すると、業務の効率が高まるでしょう。オフィス用のデスクは、メーカーが規格化済みですし、人一人分のスペースが検討しやすいので、比較的簡単に配置の設計が行えます。引き出しタイプや、観音開きのオフィス家具は、奥方向のスペースが必要となるので、奥行きに設計の余裕を持たせると効果的です。逆に、それぞれの空間を広く確保し過ぎると、他の家具が置けなくなったり、スペース的に無駄が生じます。オフィスの空間設計は、経験がものをいうものですが、配置の基本や動き理解すると、使いやすい空間のあり方が分かるようになります。