オフィスを設計するならここのところに注意

機能的で使い勝手がよい、広く見えてゆとりがあるなど満足が得やすいオフィスを設計することが求められます。それには様々な成功した事例の情報を入手して、取り入れることも必要です。労働時間は短縮される傾向が続いています。つまり短い時間で同じ成果を出さないといけなくなりつつあります。それにはオフィスがはたらきやすく機能的であることが求められます。そのための設計が最優先されることになります。とくに動線を徹底して確認します。そのオフィスの人々は主としてどのように動き、その動きに伴いストレスとなっているところを見出し、その解決を設計に生かします。こうした設計は、日々の業務の流れを把握できる立場の声を反映させ、多くの声を取り上げることから始まります。その中から優先事項を決め、どれを採用するかで最大の効果ができるように、むしろ負担が増してしまう部署やスタッフはいないかなどを明らかにします。

オフィス設計における動線の見積もり方

スタッフの多くは、互いに密接に協力し合って仕事を進めています。そこで定型の動線を大まかに把握します。これを把握できるのはそのフロアを管轄する役職の人物ならびに実際に働くスタッフです。いずれの情報も新たなオフィスをデザインする場合には必要です。上司だけではスタッフの抱えているオフィスの問題点の把握は必ずしもできないからです。こうすれば働きやすいと思っていることを提案してもらいます。例えばよくある窓際が上司のいる場所という典型のオフィスの形態では業務がスムーズでない理由をあげます。そしてそれを改善する手立てをデザインします。たとえば監督者の役職者を思い切って中央にもっていき、四方からそこへ決裁をもらう形にするというのも一案です。共用に機材を中心におくというのもまた一つの方法です。

機能的なオフィスは業績に直結する

業績の向上を考える際にスタッフの遂行能力に目が行きがちですが、じつは機能的で快適なオフィスを準備する視点も重要です。それは従業員がその場所を快適に思えて、仕事が捗るようにする設計です。それは意外と机の向きを反対にしたり、必要な通路をやりくりし広げたりするだけである程度果たせる可能性もあります。これなどは大きな予算を伴わずにできることでしょう。また個人用のパソコンの前で行う業務については必ずしもいず座って行う必要はありません。スタッフによっては立ったままパソコンを操作する方がよいという人もいます。したがって可動式の机面をもつ事務机を導入するオフィスもあります。立ったり座ったりせず移動が容易になるため、スタッフ間の交流が盛んになり、アイディアが出るようになったという会社もあります。こうしたことを取り入れた最先端のオフィス設計こそ、合理的かつ機能的で快適なオフィスといえるでしょう。