オフィスを設計こんなことに注意しましょう

オフィスのデザイン一つで、社内の居心地や働きやすさが変わってきますから、従業員のパフォーマンスや仕事の効率にも大きく影響を与えます。ですから、オフィスの設計をする際には、その会社の業務内容や社内の方針をよく考慮した上で、最適な空間を作っていけるように工夫することが大切です。設計を考える場所は、ワークスペース、会議室、商談室などはもちろんのこと、リフレッシュルームや喫煙室などの社員のリラックス用スペースに関しても必要になります。また、企業によっては、ショールームやスタジオが併設されているオフィスもあることでしょう。これらの場所に関して、どんなデザインをしていけばいいのか、理想論だけではなく、ちゃんと現場の声も聞きながら、しっかりと検討していきましょう。

オフィス設計にはコンセプトが重要

オフィス全体の設計には、その会社が何を大事にしているのかという企業コンセプトが反映されるものです。チームで協力して仕事をしていくことを大事にしているのであれば、社員同士がコミュニケーションを取り合うのに便利なオープンスペース型が適しているでしょうし、反対に、一人一人の作業効率を重視し、合理的に仕事を進めていきたいような会社であれば、プライベートなワークスペースを提供することが必要かもしれません。ですから、まずは経営者がしっかりと打ち合わせに参加して、全体のレイアウトプランを検討しましょう。また、事業プラン、予算や事務所の拡張性、ネットワークシステムに合わせたレイアウトも必須となりますから、そのような前提の下に数社から見積もりをとって比較するようにしていきましょう。

具体的なレイアウト事例を参考に

だいたいのレイアウトプランと業者が決定したら、具体的に細かい部分を検討していきます。その際、様々なレイアウト事例を参照することで、より効率的で効果的なオフィス設計が可能になるかもしれません。自分たちだけで考えていてもイメージ出来なかったような空間が、様々な過去の設計事例を示してもらうことで、よりリアルにイメージ出来るようになることでしょう。そして、なるほど、こんなふうにすれば良かったのかと、現在会社が抱えている問題点に対する解決策についても、新しい発見があるかもしれません。レイアウト一つ変えるだけで、本当に色々なことが変化しますから、社内でしっかりと話し合って、よく検討してみてください。また、コンセプトや設計イメージによって、最適な施工会社やデザイン会社も変わってくるでしょうから、業者選びもしっかり行うようにしてください。